休日に運動を2時間以上行なえると良い理由

ダイエット法

休日に運動を2時間以上行なえると良い理由

ダイエットで痩せる為に、運動はとても効果的ですが中々時間が取れない。そんな悩みを持っている方も多いと思います。

今回は休日に運動を行うならば、まずは2時間を意識してやってみる事をお勧めします。そして、なぜ運動時間が2時間必要なのか、その理由をご紹介します。

スポンサーリンク

休日だからこそ運動で消費カロリーを蓄えよう

休日は多くの時間をダイエットに利用できる日です。平日では中々やれないダイエットを取り入れていきましょう。

休日にウォーキングやランニング、ロードバイク、水泳等の有酸素運動をしっかりとおこなう事で、休日だと普段よりも多く取り勝ちがカロリーを軽減する事ができます。

休日は恋人や家族、友人と過ごす人も多いと思います。ダイエット中でも外食を食べに行ったりすることもあると思います。

そこで摂取するであろうカロリーを運動で相殺する事ができれば、気兼ねなく食事を楽しむ事ができますし、外食などを行わなければその分カロリーを消費できますので、どちらに転んでも良いダイエット法になります。

2時間運動をすると良い理由

最初から2時間運動を続けるのは中々骨が折れると思いがちですが、ウォーキングであれば、途中でキツイなと感じても歩ける方は多いのではないでしょうか。

ウォーキングで2時間歩けば、10キロ位は歩けると思います。そうなると消費カロリーの目安は体重×10キロを計算してみてください。

体重50キロでしたら、約500キロカロリー消費となります。

1時間という運動時間ですと上記の半分になりますので、250キロカロリーです。250キロカロリーの運動ですと、どうしても外食で摂取するカロリーに圧迫されてしまいます。

しかしながら、500キロカロリーのカロリー貯金があるならば、1食で1000キロカロリーの外食を食べたとしても、実質は500キロカロリーに抑えられる訳です。

1000キロカロリーのものが500キロカロリーになると考えると、心理的状況はかなり違うのでは無いでしょうか。

また、ランニングやロードバイク、水泳を2時間行なうと、体重や走行距離による消費カロリーの差はありますが、1000キロカロリー以上の消費カロリーが見込めます。

1000キロカロリー以上の消費カロリーを貯金できれば、外食も1食分丸々無かった事にできますし、食べる事に対して深く考える事も無いようになります。

エクササイズを分けると身体の負担は軽減します

2時間同じ運動をし続けるよりも、1時間・1時間でエクササイズを分けた方が身体の負担は軽減できます。

私自身良く行っているのは、

・1時間のランニング

・1時間のロードバイク

になります。2時間ランニングをした方が消費カロリーは高くなりますが、2時間ランニングをするという事は、ハーフマラソン以上の距離を走る事になるので、身体の疲れが出ます。

しかしながら、1時間のランニングと1時間のロードバイクでは、使用する身体の部位が異なる為、身体の疲れは2時間ランニングと比べると圧倒的に軽く、消費カロリーも2時間ランニングよりは少なくなるものの、充分な消費カロリーを稼ぐ事ができる為、エクササイズを分けて行っています。

運動だけでは無く、筋トレもしっかり行っているのであれば、2時間と言う時間内に、筋トレは30分、運動は1時間30分等、エクササイズの時間を調整して行うとやりやすいのではないでしょうか。

休日に運動を2時間以上行なえると良い理由まとめ

・休日の摂取カロリーを運動で相殺するもしくは軽減する事ができます

・エクササイズを1時間・1時間と分けると身体の疲労を軽減できます

・1時間程度の運動では消費カロリーがそこまで稼げないので、2時間を目安に運動をしてみましょう

ダイエット法 運動で痩せる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレイジーダイエットをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
クレイジーダイエット【痩せるなら愉しく】

コメント