冬休みを全力で楽しむ為にダイエットする

ダイエット雑記

冬休みを全力で楽しむ為にダイエットする

もういくつ寝るとお正月、クリスマスから正月休みはダイエットをしている人には酷な時期でもあります。

クリスマス→お正月のコンボは兎にも角にも外的要因で食事量が増えやすい時期だからです。ただ、食事量が増えやすい時期であっても、その時期の期間に摂取カロリーを無かった事にするような運動

1日の摂取カロリーを無かったことにするには?
1日の摂取カロリーを無かったことにするのは、結構大変です。サプリメントで「無かったこと」に、みたいなものがありますが、それを飲むだけで無かったことになるのであれば、みんな苦労してダイエットしてません。サプリメントはあくまでも補助食として使用し、効果を期待しすぎない方が良いと思っています。

冬休みの時期でも淡々とダイエットを続けていけば、正月太りしなくても済みます。

私の理想としては、イベント続きの冬休みはしっかりと愉しみつつ、ダイエットも成功させる。

その為のダイエット法をご紹介します。

スポンサーリンク

イベントが重なる冬休み

冬休みは会社によって異なりますが、ダイエットに弊害がありそうなイベントがクリスマスから始まります。

12月24日:クリスマスイブ

12月28日~12月30日:冬休み中のお出かけ(遊び)や帰省

12月31日:大晦日

1月1日~3日:お正月

上記の通りイベントが盛り沢山です。

冬休みを愉しむためには食事制限だけでダイエットをおこなうのはほぼ不可能だと思います。

私の冬休みダイエットスケジュール

クリスマスで食べても、会社の冬休みまでは日数がありますので、クリスマスの分は会社出社日で帳消しにすることは充分可能だと思います。

冬休み中のダイエット最大の弊害は連日連夜に渡る食事(飲み会)になります。例年私は必ずこの正月休みは太ってます。

しかしながら正月休みでも太らない様にする事ができると思うので、食べたら運動する事を必須にして、寒い冬ですが運動必須でやりきります。

下記が私のダイエットスケジュールです。

12月28日:10kmランニング

12月29日:ハーフマラソン

12月30日:10kmランニング

12月31日:年納フルマラソン

1月1日:新年初ランニング(ハーフ程度の距離)

1月2日:完全オフ

1月3日:ハーフマラソン

摂取カロリーを消費カロリーで相殺するようにするスケジュールです。

とにかく連日連食するならば、連日運動をして消費カロリーを増やすしか対策方法はありません。

しっかりと食べて正月太りをしない為には、私には走って消費するしか無いのです。

正月休み過ぎると1月に走れない

冬休みを堪能して、見事に正月太りした後、

「さぁダイエットしよう」

と開始しても、身体が年末よりも重くて走れなかったり、新年明けると仕事が忙しくなったりしてダイエットに集中できず、そのままダイエットが疎かになってしまったりします。

新年明けた正月からダイエット中におこなっていた運動は再開した方が良いと思います。

また、正月に沢山食べる生活が続いた後に、食事量をダイエット時に戻すと、食事制限ダイエットの初期と同じように空腹感を多く感じます。

年明けはダイエッターにとって1つの試練の時になります。

年末まで続けていたダイエットも、正月休みに一度離れると元に戻れない事もあります。続けられるように強い気持ちを持って頑張りましょう。

ダイエット雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレイジーダイエットをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
クレイジーダイエット【痩せるなら愉しく】

コメント