運動ダイエットは自分の限界を知ると成長できます

ダイエット雑記

運動ダイエットは自分の限界を知ると成長できます

ダイエットに運動を取り入れている人は、自分の限界がどこにあるか知っていますか?

多くの人はダイエットでそこまで追い込む必要は無いと考え、自分の限界はどこにあるのか知らないと思います。ただ、運動をして痩せる上で自分の限界がどこにあるか知っておいて損はありません。

なぜ、運動ダイエットは自分の限界を知った方が良いのか?そこから何を得る事ができるのかご紹介します。

スポンサーリンク

運動は続けていく成長します(ダイエット初期)

まずは、運動を取り入れ始めた、ダイエット初期に関しての説明になります。

最初はウォーキングから始めた運動ダイエットも、1ヶ月・2ヶ月と経つ内に走れる様になり、ウォーキングからランニングにステップアップして、その後もランニングを続けていくと5キロ~10キロ走れる様になっていきます。

運動は続ければ続けるほど、成長していくものです。

最初は2キロは続けて走れるが、5キロになるとを休み休みでしか走れないならば、今の自分の限界は2キロまで走れるという事になります。

今の自分自身の限界を知る事ができると目標を立てる事ができます。目標は細かく多く(なるべく達成できるように)長期的に続けられるように設定するのが良いです。

運動ダイエットで大事なのはとにかく「継続」になります。自分の限界を知り、そこから目標立てしていく事で運動能力の向上+ダイエット時の消費カロリーアップにも繋がります。このサイクルを回していく事で痩せる為のダイエットは行いやすくなります。

1.今の自分の限界を知る

2.限界から目標立てをする

3.目標をクリアする

※1~3をローテーションします。

運動ダイエットに慣れてきた頃(ダイエット中期)

ダイエットに運動を取り入れて、それが習慣になってきた頃は自分の限界はどこにあるか正直分からない、そしてその限界を知る必要が無いと考える人も多いと思います。

運動ダイエットが習慣化されて大体1時間程度走れるようになりましたら、その後は限界を知ろうと思うか知らなくて良いと思うかはその人次第になります。

1時間程度走れる様になれれば、日々の運動としては充分です(週3~5できれば好ましいです)。後はしっかりとある程度の日数を走る事を習慣化していけば、食事制限も並行してダイエットをおこなう事で痩せていけます。

したがって、自分の限界を知る必要は特にありません。

しかしながら、更に消費カロリーを増やしたい!もっと運動できるようになりたいと思うのであれば、限界を知っていきましょう。

ランニングであれば、どの位の距離を走る事ができるか、距離を一つの目安として走ってみましょう。通常10キロ位走る事ができても、ハーフマラソン位の距離になると足が痛くなったり、辛さが出てくると思います。

ここで注意したいのは、無理をしてトコトンまで追い詰めた限界を知るのでは無く、比較的続けれそうな限界の目安を知る事にしてみてください。

怪我をしてしまうと運動ダイエットができません。怪我をしない事を大前提として自分がどこまでできるのか知ってみましょう。

運動ダイエットが大好きになった頃(ダイエット終盤)

運動ダイエットが大好きになって、日常生活では欠かせない!って状態になったら、自分がどの位運動をすると補給をしなければ駄目(パフォーマンスが激減)なのか、身体の限界を知ってみましょう。

身体の限界を知るのはとても単純です。長時間運動をしながら補給を我慢する事です。

補給を我慢する事とは言え、暑い夏に水分補給を怠ると熱中症になったりして危険ですので、水分は取るようにしましょう。

私が主におこなっている方法は、おこなっているエクササイズにおいて極端にパフォーマンスが落ちる所で補給を取るようにしています。

極端にパフォーマンスが落ちる地点=身体の限界

と判断しています。ランニングの場合は、極端にパフォーマンスが落ちる頃には足も大分弱っているので限界の基準が難しいですが、ロードバイク等の自転車であれば顕著に分かります。

身体の限界が分かれば、そこで消費カロリーと補給(摂取カロリー)の調整をおこない、その差し引きをダイエットの運動で消費したカロリーとして計算します。

ここまで来ると、あらかた体重を減らすダイエットは終わっているか終わりに近づいていると思いますので、これ以上はより運動ができるようになる為に限界を知るという事になります。

ダイエットは自分自身の成長に繋がります

運動で痩せるダイエットは自分の身体をスリムにする事に加えて、運動が好きになったり、ダイエットで痩せる以上に運動ができるようになりたいという向上心を持つ事に繋がります。

運動して痩せる事は、初めは辛いです。それは動かしていなかった体を動かせるようにするにはとても努力が必要です。

しかしながら、やってきた努力が見事に反映されるのが運動ダイエットになります。

継続は力なり、頑張りましょう!!

ダイエット雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレイジーダイエットをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
クレイジーダイエット【痩せるなら愉しく】

コメント