正月太りを回避できた方法まとめ

ダイエット雑記

脱正月太り!!

新年明けましておめでとうございます。

年末年始は、ほぼ毎日の様にお酒を飲み、そしてほぼ毎日運動しました!

その結果、毎年恒例の様に体重が増加する正月太りを2019年の今年は回避する事ができました。

では、一体どの様な運動をしたら、食べて飲んでの年末年始、太らずに乗り越えられたのかをご紹介します。

スポンサーリンク

毎日続ける運動習慣

基本的に毎日運動を欠かさず行っていますが、消費カロリー的に1500overする日を定期的に盛り込みました。

体重を減らす為の運動では無く、最近は速く走れる様になる運動を盛り込んでおります。

その為、運動する時間はダイエット時よりも短くなり、その分身体への負荷は高いです。

しかしながら、一番注意しなければならないのは、身体への負荷が高いトレーニングであっても、消費するカロリーは通常のダイエットエクササイズよりも大きく減ります。

例)ダイエットの為の運動と、能力向上の為の運動比較

※ダイエットの為の運動の場合

(ランニング12km:約1時間:消費カロリー約720kcal)

※能力向上の為の運動の場合

(ダッシュを含むランニング5km:約20分:消費カロリー約300kcal)

上記の様に、能力向上の為の運動は身体の負荷が高く、疲れも出ますので運動をした感満載なのですが、実際の消費カロリーは、ダイエットの為の運動の方が高い為、太らない為には食事量の調整などが必要です。

冬休み中のエクササイズ

冬休み中(年末まで):会社通勤1人駅伝(往復約48km)・1人フルマラソン・1人ハーフマラソン・75kmサイクリング

冬休み中(年始):1人ハーフマラソン・スキー

行なった運動(エクササイズ)の中でハーフマラソン以上のものは上記になります。

それ以外の日でも、ビルドアップ走やインターバル走など、毎日10km程度は走っています。

但し、元旦だけはSSD(ショートスローディスタンス)40分+全力疾走1kmのみで、ずっと食べて飲んでました(笑)

と、いう感じにはなりますが、今まで痩せてきた際の運動量の記録を見てみると私の場合、

月間のランニングのみで150km以上・ウォーキングを含めて約300km走行で体重増減無でいけると思われます。これに食事制限を加えると、太っていた時は徐々に体重が落ちましたので、この記録を目安にしてます。

自分の身体をしっかり知る

自分がどんな生活をしたら太るのか、そして痩せるのか、

ダイエット生活を通じて、自分の身体を知りましょう

携帯に蓄積されたアプリのデータを分析しましょう。

そうすると、ダイエットをしている最中はもちろんですが、ダイエットで痩せきった後も調整が容易にできるようになります。

一度痩せれたから、また太っても痩せれるという考えは微妙です。

痩せてやるっていう気持ちが追い付いてこないと無理だと思いますので・・・

私の場合は、どれ位運動をすれば維持できるのか分かった上で、体重を維持する為の運動量を超える運動を常にしてより運動ができる身体を目指しています。

運動ノルマなど、ノルマを作ると隠れたストレスになったりするので、そういうのは今はやってません。走りたいから走る、まさに本能が運動を求めているからできる事になってます。

正月太りは早めにケアしましょう

年末年始の正月で+〇kgしてしまったという人は物凄い多く居ます。

年末まで頑張ってダイエットしていても、年末年始で体重増は仕方が無いです。どうしても食べたり飲んだりしますので・・・

そのフォローはできるだけ早めにしていきましょう。

正月気分は、私の経験上結構引きずります(年末までは走ったりしたのに、1月はランニング0等、過去にありました)。

年末年始分の増加は1月中にイーブンにして、2月から減量できるように調整できればベターだと思います。

正月太りは早めにケアしましょう!!

 

 

ダイエット雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
クレイジーダイエットをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット体験記へ
クレイジーダイエット【痩せるなら愉しく】

コメント