善光寺ラウンドトレイル(2021年)

マラソン大会
スポンサーリンク

初めてのトレイル大会

生まれて初めてトレイルランニングの大会に参加してきました!
結果としては、大撃沈、、、

でしたが、とっても楽しい大会でした♪

今までアスファルト専門(ロード)でしたが、トレイルはロードとは全く別物であるという事を嫌という程感じる事ができましたし、近場に山が無いので、非日常感と絶景をとても楽しむことが出来ました!

今回出場の善光寺ラウンドトレイルは、善光寺裏の4つの里山を登って下ってを繰り返す大会だったのですが、こんなにキツイものだとは知る由もありませんでした💦

起床~アップ迄

大会は11時スタートという事もあり、ノンビリとした感じで起きました。

5時30分に起床!!コンタクト装着→お風呂追い炊き→朝ごはん!!

朝ご飯はTHE和食です。
「白米」+「納豆」+「味噌汁」+デザート「3色団子1本」

大会前は朝食に加えて団子を1本食べるのがセオリー
朝ご飯を食べ終わる頃にはお風呂も沸いているので、お風呂に入って整えます。

湯舟には浸かりますが、長風呂はせず軽めに。
ハイドレーションにアミノバイタルを600ml入れて準備完了!

新幹線の出発まで30分前とスーパー余裕を持って家を出て、新幹線乗り場のNEWDAYSに寄ったら、今話題の蓋が空くスーパードライが沢山売ってました。帰りに買おうと決意^^

大宮から長野までは新幹線で1時間ちょいと程近く、グリーン車だったので脚を伸ばしてマッタリしてたらあっという間に着きました!!

長野駅から会場までは、4.2kmくらいあるので、のんびりと歩いて向かいました。

スタートまでの時間もあるので、善光寺の観光やお土産を先に買うスタイルで唐辛子を買ったり等々、リアル観光してました(笑)

七味と一味と柚子唐辛子をゲット!!

長野駅から善光寺までは大体2キロくらいで、緩やか~な登りです。
長野駅から歩いて善光寺なんて記憶に無いのでこういう観光はとても楽しかったです☆彡

善光寺から会場までは更に2キロちょいなのですが、D+200くらいありました(笑)

坂を登って登って登って、大体1km10分ちょいの早歩きでしたが、会場近くに着くころには普通に汗だくに・・・

桜が普通に満開で、とっても綺麗でテンション上がりました!!

そんなこんなで会場に辿り着き、受付をしてトイレに行って、最初の登りを見にいったら、
さとるっちさんにバッタリ会って、トレラン初レースは地獄を見るよ、この距離でもフル並みに疲れるよなんてアドバイスを貰ったり、どれくらいで走るか等を話してあっという間に出走5分前くらいになりました。

スタート地点→大蜂城→葛山(1~7km)

招待選手の後ろにスタンバイしてスタート

招待選手は足軽やかに、ガンガン進んでいきます。とは言え最初の300m位は平坦なので普通についていきます。登りが始まりペースを見てみるとほぼキロ4だったので、この速度では登れないと判断、ペースを抑えて走り始めますが、

最初の1kmまではマスク装着が全員義務で、すぐに息が上がります。

マスクしながら走れる人は天才だと思う、って思いながら1kmを通過、2kmから少しずつ道幅が狭くなり登りも急になります。3kmでD+259(76・52・131)ロードだと走れてもトレイルだとあら不思議走れません。

走れないどころか、まさかの3kmで脹脛が攣りました。
止まってストレッチして、え、釣りでしょ?って自分自身が思うくらい良く分からない状況になり、その間にガンガンパスされて、

あ、これって痛い人(自分)って感じ恥ずかしくなりました💦

攣ってすぐに大蜂城エイドがあったので、タブレットを貰って再スタート。

ここから3kmはロードで降りという普通に走れる区間に突入!!

攣った脚の様子を見ながら走ります。1kmくらいおっかなびっくりで走っていたら、何とか3分台で走れる様になったので、ロードを気持ちよく走ります。

前を走るランナーさんをガンガンパスして、多分ここが善光寺ラウンドトレイルのピークでした(笑)

ロードが終わったら次はトレイル。

そして登りです。シングルトラックで1kmD+163ガッツリ登ります。
途中抜けるスペースができた時に、横から抜きますなんて言って女子3位の方を抜いたり積極的にレースしてのも多分ここまでです。

葛山山頂に着いてここからが本当の山場でした。

葛山→頼朝山→葛山(8km~13km)

トレイルで山頂まで登ったら、次のセクションは下りになります。

葛山山頂からの下りは、はっきり言って泣きそうでした。

木の根が沢山で急斜面、これはどうやって走るの?そんな疑問を感じながら恐る恐る手を着きながら下る横をスイスイスーーイと身軽に降りるランナーさん達。

パスします、パスします、パスします、
スペース空いて抜かれ、シングルトラックになると、どう考えても自分自身が障害になっていると思い、止まって先に行ってもらう事たくさん。

ロードでパスした人数以上に下りでパスされ、技術力の無さを感じました。

とは言え、急傾斜で無ければ走れちゃうので、走れる区間は前の人が見えると追いつける、、、
けれど、急傾斜になるとあっという間に視界から居なくなる程、速度が違いました。

ここら辺は全部伸び代だと思う事にします^^

葛山から下って頼朝山を登って下って、再度葛山を登るセクションが本当に大変で恐れ入りました。
2kmD+282(113-169)

パワーウォークで登るのですが、パワーウォークの姿勢が多分いけない姿勢で、猫背で登ってるから凄い腰に来るんです。ここは要改善だと思いました。誘導の看板メッセージは面白いのが多くて笑いました。

葛山→大蜂城→地附山→ゴール

激しすぎる急登を終えたら、最初に葛山を登った道を降りるコースになります。

急登だった所は急傾斜に変わり、また嫌な時間が始まりました。
ここで60代女性ランナーさん(入賞者)にパスされます。

年齢とか関係無しに、強くなりたいと思った瞬間でしたが下りはついていけません。

葛山を下りたら、唯一走れるロード区間がやってきましたが、
「もう止めて、○○のHPは0よ」

って感じで心が折れていたので、トコトコ歩いちゃう始末(泣)

その後の急登というか、これ以降の登りは全て歩きで、大蜂城まで登るとエイドがあり、
コーラを2杯、タブレットとチョコを頂いて、テクニカル下りゾーンへ

目の前にいたランナーさんが、下りのテクニカルでは秒で居なくなる。

後ろから来そうな人には予め、抜けそうなタイミングで抜いてくださいねって伝えて降りました。
走ってるのか降りてるのか良く分からない下りが終わってから最後の登りセクションへ!!

この最後の登りが本当に大変で本当に大変でびっくりしました。

とは言え、登っていればいつかは登り切るので、登りが終わったら後はゴールに向かって降るだけって事で降りになり、アップダウンを経てから走れる下りに突入!!

走れる下りは走れちゃうので、この下りで3人くらい抜いて、トレイル区間が終わったラスト300mのロードは330くらいまで上げてゴール^^

ゴールとその後

サブ45という事で、フルマラソンのタイムと大して変わらなかったのですが、
目標は2時間切りとか思ってた自分がとても恥ずかしく、同じ様で全く異なるものという認識ができない残念な結果となりました。

そして過信した結果、開始数キロで撃沈する痛い人になり、恥ずかしい思いをしました。

下りは全然走れませんでした。
下りは要練習です。ロードの下りや階段の下りとは全く違うスキルが必要でした。

遅かったねって言われて、正直調子乗ってました(テヘペロ

した後に乾杯!!
走った後のビールは最高でした☆彡

ビール2杯とおやきを食べて、30分くらいトークを愉しんでから、
お別れして、長野駅へ戻る事に

会場から長野駅行きの直通バスがありましたが、スルー

帰りも走りますよって事で、お土産屋さんを寄りながら4キロちょいを走って、
レースの憂さをストレス発散買いで済ませました!

帰りの新幹線は、なんと車両貸し切りという驚き💦
悠々自適にビールを飲みながら帰路につきましたとさ

おしまい

コメント