ダイエットの心得 食べれま10を実践しよう

ダイエットの心得

ダイエットの心得 食べれま10

スポンサーリンク

食べれま10とは?

某番組の1位~10位を当てるまでは帰れない企画とは全く関係ありません。

食べれま10とはその名の通り

夜10時以降の飲食は禁止する

という、ダイエットを行う上で守っていきたい心得になります。

そもそも、夜10時以降に食事はしてないですという方は、そのまま夜10時以降に飲食しないよう心掛けてください。逆に、夜10時以降に飲食している方は、夜10時より前に食事を取るように頑張って変えていきましょう。

なぜ夜10時以降の飲食はしない方が良いのか

寝る前に食べると太るとよく言われますが、もう少し具体的に言うと、寝ている時の時間帯によって、食べたものを体に蓄える働きが体の中で起きています。

特に食べてものが脂肪に変わりやすい時間帯が、夜10時~4時の間と言われておりますので、その時間内では飲食を控える事が大事になります。

夕食を食べる時間は、ダイエットをおこなう上では早い方が良いと言えますが、仕事の都合上、中々早く食べれないという事もあると思います。そんな時には、夜7時位までに軽く食事を済ませ、夜10時前にスムージーや青汁を始めとする低カロリー食品を食べるなど、対策した方が良いです。

会社が終わるのがそもそも10時過ぎだし、その間にご飯は食べられないといったケースの場合は、高カロリーの食事を控えて、消化しやすい食事(蕎麦等)にすると効果があります。

食事の取り方を変えてみよう

どうしても夜10時前に夕食を終える事ができなかったり、夕食後に小腹が空き夜食をついつい食べてしまう方は、食事の取り方を変えていってみましょう。

食事にサラダを取り入れる

食事にサラダを取り入れましょう。そして、主食を食べる前にサラダを食べきってください。

空腹時の食事は一番最初に食べるものが重要です。ファーストバイトはサラダにして、ドレッシングはなるべく低カロリーなものを選びましょう。

最初にサラダを取る事で、血糖値をゆるやかに上げ、脂肪を吸収するというメリットがあります。また、事前に満腹感を得る事で食べ過ぎを防ぐ効果があります。

更にできれば、最初のサラダはゆっくり食べるように心掛けましょう。サラダをゆっくり食べる事で、より食べ過ぎを防ぐ事ができます。

食事に汁物を取り入れる

暖かい汁物を取り入れましょう。サラダを食べた後に、ゆっくりと汁物を飲みます。

冷えた体では脂肪は燃えませんので、汁物で体の内臓を温めて消化効率をあげていきましょう。

サラダを食べた後に汁物を飲むと、結構な満腹感を得る事ができます。

高カロリーになりやすい主食を抑える事ができればいい為、サラダ・汁物は多く食べても問題はありません。サラダ・汁物での摂取カロリーはたかが知れているので、沢山取っても大丈夫です。

高カロリーな食事は取らない

遅い時間だからこそ、高カロリーな食事は意図的に避けましょう。

そもそも遅い時間に高カロリーな食事はダイエットの天敵です。どうしても高カロリーな食事が取りたい場合は、昼食や朝食にしましょう。

夜の摂取カロリーが抑えられるとダイエット効果は高くなります。

食べれま10をサポートする食品

食べれま10は分かっているけど、守れません。そんな場合は、低カロリー食品を食事に合わせて取る事で太りやすい食生活から痩せやすい食生活に変えていきましょう。

いつもサラダを作るのが大変、汁物を作るのが大変な場合は、低カロリー食品をサラダ・汁物の代わりに取る事で代用できます。

注意点としては、低カロリー食品を取る場合は、サラダ・汁物と違って、

食事をする10分前に取ってください。

低カロリー食品はサラダ・汁物よりも食事の時間が短いです。その為、満腹感が出始めるのにどうしても時間が掛かります。主食を食べる前の10分前、これを必ず守りましょう。

サラダ・汁物に置き換わる食品は以下になります。

乳酸菌、MCTオイル、ビタミンなどキレイ痩せを叶える成分をミックス ・ダイエットフードを感じさせない本格的な美味しさ ・お味の種類は「ストロベリーパンナコッタ味」「ショコラムース味」「カスタードプティング味」の3種類あります。

甘くて美味しいスイーツでダイエットはできないのか、 そんな思いからこのTOKYOスイーツダイエットは誕生しました。 もちろん、スイーツと商品名で謳っているので味の試作にはしっかりと時間をかけ、 ダイエットフードを感じさせない、甘くて美味しいと自信を持って言える味に仕上げました。 そしてダイエットフードですので、ダイエットに役立つ成分もミックスしています。

スイーツ好きだけどダイエットしたい・・・まさにこの商品が当てはまるのではないかと考えております。

話題沸騰中!食べても罪悪感のないスイーツ登場♪

間食でスナック菓子を食べている方や、間食の置き換えがスムージーなどでは無い、お菓子が食べたいと思っている方にオススメな一品となります。

いつもの間食だと高すぎる摂取カロリーも、この食品であればかなりのカロリー摂取を抑える事ができます。間食のお菓子好きな方は是非お試しください。

【置き換えダイエットの新定番はなんとお菓子】


朝の置き換えダイエット食品の朝サツマイモダイエットになりますが、間食の置き換えとしてもとても効果的です。

「朝さつまいもダイエット」の著者である鈴木絢子氏監修、さつまいも親善協会認定の あしたるんるんオリジナルのさつまいも置き換えダイエット商品シリーズ(スムージー、ポタージュスープ) です。食物繊維たっぷり&オリゴ糖配合でダイエット女子に嬉しいスッキリダイエット商品になっています。
詳細はこちら

注目の成分「ヨガフルーツ」(ターミナリアべリリカ)を1包に200mg高配合。 さらに、ガルシニアやコレウスフォルスコリ(フォースコリー)など、 5つのダイエットサポート成分も配合したカロリーを減らすだけでなく、 痩せにくくなってきた大人の女性向けのダイエットスムージー

1食あたり14.7キロカロリーの中に、主要ダイエットサポート成分の他、植物発酵エキス、大豆プロテイン、ダイエタリーファイバー、ビタミンなど、ダイエット時に必要な栄養素が詰め込んであります。

なんと言っても低カロリーで健康的なスムージーですので、間食の置き換えにぴったりな1品となっております。
【ヨガフルーツ スムージー】

サラダ・汁物の代わりには、青汁も効果的です。青汁を飲むダイエット方法は下の記事にまとめてありますので、ご興味があればご参照ください。

https://crazy-diet.com/189/

食べれま10を習慣化しよう

ダイエットの心得として、食べれま10を紹介しましたが、夜10時以降は食べない事を習慣化してみてください。ダイエットは継続が大事ですが、継続しようと思ってやるのと習慣化して自然にやるのでは、身体や心が受けるストレスの加減が違います。

ストレスを感じにくいのはダイエットの習慣化ですので、ダイエットをおこなう方は是非食べれま10を実践してみてください。

コメント