【ダイエット法】跳んで痩せる 縄跳びダイエット

ダイエット法

跳んで痩せる 縄跳びダイエット

スポンサーリンク

縄跳びダイエットの効果

縄跳びダイエットは、縄跳びを回す動作と縄跳びを跳ぶ動作が必要な有酸素運動をおこなう事で痩せるダイエット方法です。

縄跳びで痩せるの?と思う方が多いと思いますが、結論から言えば

1回あたり30分~1時間程度を週3回でもおこなえば痩せます。

縄跳びダイエットではジャンプしなければならないので、太ももやふくらはぎの筋肉を使います。それと縄跳びを回すために腕も使いますので、腕の筋肉も使います。

筋肉を使うという事はすなわち、その部位がシェイプアップする事に繋がりますので、体系をスリムにするには良いダイエットです。

また、運動の負荷を自分で決められるのも縄跳びダイエットでは容易にできます。縄跳びを回すスピードを早めたり緩めたり、二重跳びをしたり、ステップ跳びにしてみたりと、様々な跳び方があるので、縄跳びを跳んでいる際の疲れ具合や気分に応じて跳び方を変える事ができます。

運動系のダイエット全般に言えますが、回数より時間を決めてやりましょう。100回跳んだら終わりみたいな感じだとものの数分で終わってしまいますし、それでは効果が出ないです。最低でも20分以上継続し、1時間を目途に縄跳びを跳ぶ必要があります。

縄跳びの上達を楽しみながらダイエットしよう

縄跳びは日々続けていくと上達します。

例えば2重跳びができなくても跳び続ければある日2重跳びができるようになります。

縄跳びには様々な跳び方があります。

前跳び・後ろ跳び・あや跳び・2重跳び….etc

単純に前跳びだけを跳び続けてダイエットをするのでは無く、時には違った跳び方をすることで、様々な跳び方ができるように縄跳びの技術を上達していきましょう。

最初は30分続けるのも大変だった縄跳びも、いつの間にか大変じゃなくなっていくというのも縄跳びダイエットの醍醐味です。

上達を楽しみながらダイエットをおこなう事ができれば、縄跳びダイエットの継続に繋がりますので、ダイエットで痩せる目標の他に、2重跳びが20回跳べるようになるといった、縄跳びの目標を取り入れてみると良いです。

縄跳びダイエットの消費カロリー

基本的な運動による消費カロリー計算は下記の様に求められます。

メッツ値(運動によるエネルギー消費量の係数)×体重(Kg)×運動時間(h)×1.05

縄跳びのメッツ値は8メッツ(一般的)になりますので、例えば60キロの人なら

8×60×1×1.05=504キロカロリーの消費となります。

504キロカロリーと言えば、おにぎり2個半になります。

この消費カロリーは縄跳びを1時間行って消費されるカロリーになります。縄跳びは走る事とおなじくらい運動強度があり、消費カロリーは高めです。

縄跳びダイエットのメリット・デメリット

縄跳びダイエットのメリットは縄跳びさえあればどこでもできる手軽さが最大のメリットです。雨の日でも家の中でできるのもメリットの1つです(マンションなどの場合はマットを敷いたりして、防音・振動対策が必要です)。

デメリットは音と振動によって、マンションなど(特にアパート)では室内ではやり辛い点になります。

ダイエット用の縄跳びを使いましょう

100円ショップでも売っている縄跳びですが、何回跳んだか計測できたり、消費カロリーが計測できる機能的なダイエット用の縄跳びがありますので、縄跳びダイエットをおこなうのであれば、使用したほうが良いと思います。

運動で痩せるダイエット全般に言えますが、消費カロリーを計測できるものはしっかりと使用して運動をした方が、どれくらい運動したのか振り返りで見る事もできますし、記録として残ると継続しやすいです。

コメント