コーヒーを飲んで痩せるダイエット

ダイエット法

コーヒーを飲んで痩せるダイエット

スポンサーリンク

コーヒーを飲んで痩せる

ダイエットにコーヒーを活用する、コーヒーダイエットをご紹介します。

コーヒーに、砂糖やミルク、ガムシロップ等入れて飲む方も多いと思いますが、コーヒーダイエットでは、それらは不要です。必ず【無糖】で飲みましょう。

無糖で飲むのは無理って方はコーヒーダイエットには向いていませんので、他のダイエット法をおすすめします。無糖でコーヒーを飲めるという方であれば、コーヒーダイエットができますので、試していきましょう。

コーヒーにはホットコーヒー・アイスコーヒーと熱い・冷たいの2種類ありますが、コーヒーダイエットではホットコーヒーを飲みます。暑い夏の季節ではアイスコーヒーを飲みたくなりますが、ダイエットの為にホットコーヒーを飲みましょう。

飲むコーヒーは無糖のホットコーヒーと分かったところで、無糖のホットコーヒーを沢山飲むだけで痩せれるのかというと、残念ながらそんな事はありません。

コーヒーを飲んで痩せるのは飲むタイミングやコーヒーの特性があるので、うまくダイエットに活用してあげると、食生活が改善し痩せれるようになります。

コーヒーはダイエット食品に適してる?

コーヒーはダイエット食品に適しています。無糖のホットコーヒーは1杯4キロカロリーとほぼカロリーがありません。なので、沢山飲んでも太りません(コーヒーを沢山飲むのは良くないので、多くても1日3杯適度にしましょう)。

更に、飲み物を飲み過ぎると水太りとするという言葉がありますが、コーヒーを飲み過ぎても水太りはしません。なぜなら、コーヒーは利尿作用が高い飲み物だからです。

コーヒーにはカフェインが含まれているのは一般的に知っていると思いますが、適度なカフェインの摂取は次のような効能があります。

・眠気を覚ます

・疲労感を抑える

・集中しやすくなる

・呼吸や運動機能を高める

・片頭痛の鎮静

・利尿作用の促進

上記の様に、カフェインを取る事で身体にとって良い事が沢山ありますが、カフェインは取り過ぎると様々な病気の原因となります。

コーヒーダイエットをおこなう上での注意点は、コーヒーは1日3杯を目安に飲んでいきましょう。沢山飲むのはNGです。健康を害する可能性がありますので、過剰摂取は絶対にやめましょう。

コーヒーを飲むタイミング

コーヒーダイエットは飲むタイミングが大事です。

コーヒーに含まれているカフェインは有能です。カフェイン自体に痩せる効能はありませんが、コーヒーには「クロロゲン酸」という抗酸化作用を持つポリフェノールが含まれています。この「クロロゲン酸」は脂肪や糖質の吸収を抑える・体脂肪を燃やすという、まさにダイエットに有効な痩せるための要素があります。

コーヒーも他のダイエット食品と同じく、食前に飲みましょう。

食前に飲むことで、血糖値の上昇をゆるやかにし、身体を温め、代謝を高める事で痩せやすい体作りができます。

1日3杯を目安としますので、

・朝食前

・昼食前

・夕方(15時~17時)

に飲みましょう。

朝食・昼食は食前なのに、なんで夕食前に飲まないの?

と思うかもしれませんが、コーヒーに含まれているカフェインは眠気を覚ます効果がありますので、夕食前の場合、寝れなくなる可能性があります。

不眠はダイエットにとって敵です。

コーヒーを飲むタイミングは朝食前・昼食前・夕方に飲みましょう。

コーヒーのGI値・栄養など

コーヒーのGI値は16と、とても低いGI値です。

GI値は低ければ低いほど、血糖値を上げにくくする数値になりますので、食前に飲むコーヒーはとても効果的です。

また、ホットコーヒーは体を温めます。

コーヒーと言うと食後に取るイメージが強い飲み物ではありますが、ダイエットでは食前に飲むようにしましょう。

コーヒーダイエットのまとめ

・コーヒーは無糖のものを飲みましょう

・コーヒーはアイスコーヒーでは無くホットコーヒーを飲みましょう

・1日3杯を目安にし、飲み過ぎは絶対にしないようにしましょう

・食前に1杯飲みましょう

・夕食時のみ夕食前では無く、夕方(15時~17時)に飲みましょう

コメント