【ダイエット法】3種の運動で痩せる トライアスロンダイエット

ダイエット法

3種の運動で痩せる トライアスロンダイエット

スポンサーリンク

トライアスロンダイエットとは?

トライアスロンを月に1回(慣れてきたら2週間に1回)おこなって、体に高負荷を掛けつつ、体重を減らしていく運動ダイエットになります。

トライアスロンとは、水泳に始まり、バイク、ランニングと3種の運動を続けておこなう競技になります。よくジムでサーキットトレーニングという、有酸素運動と無酸素運動を繰り返し行っていくものがありますが、トライアスロンダイエットはサーキットトレーニングに近い部分があります。

スイミング・バイク・ランニングは運動をするダイエットでは特に有効なダイエット法ですが、今回はトライアスロンをすることで高負荷を掛けて痩せるのが目的となります。

トライアスロンは3つの異なる運動を行うため、1つの運動を行うよりも体の筋力を使う部位が増えますので、全身のスリムアップにも有効です。

また、トライアスロンダイエットでは、同じ運動を同じ時間続けるよりも肉体的な負荷が軽い為、やりやすい事がメリットになります。例えば、ランニングを3時間行うのと、トライアスロンを3時間行うのでは、消費カロリーに大差はありません。

ランニングを3時間行うとなると、走行距離は30キロ超にもなり足への負荷が大きく掛かります。トライアスロンダイエットでは、運動を分散することで、肉体的な負荷を軽くできることができ、大きくカロリーを消費できるので、メリットは大きいです。

しかしながらトライアスロンは、スイミング・バイク・ランニングのそれぞれがある程度できなくては、トライアスロン自体行うのが無理になりますので、既に運動によるダイエットをしている方が行うようにしましょう。

トライアスロンは、海を泳いで、陸を走って、山をサイクリングするのを想像する方が多いと思いますが、基本的に平地で全てを行います。機材が全て揃っているジムでおこなうのが一番効率的ではありますが、景色などを楽しむ事ができないのが唯一の難点です。

トライアスロンダイエットのやり方

トライアスロンダイエットでは、3種類の運動を行います。トライアスロンでは各運動の距離が決まっておりますが、ダイエットでは各運動を1時間行っていきます。

トライアスロンダイエットでは3時間で体重60キロの人であれば1800キロカロリー以上消費できるダイエット法になります。

得意な運動や余裕がある場合は、時間を1時間から2時間程度まで伸ばすのもおすすめです。

水泳(スイミング)1時間

1時間程度泳ぐと大体2~3キロくらいの距離を泳ぐことができます。

水泳の消費カロリーはクロールと平泳ぎでは違いがありますが、1時間ずっとクロールで泳ぐ必要は全くありません。通常時はクロールで疲れたら平泳ぎにし、また余裕が出てきたらクロールなどでも良いですし、ずっと平泳ぎでも大丈夫です。

1時間泳ぎ続けて体重60キロの人であれば、大体630~693キロカロリーの消費カロリーとなりますので、かなりカロリーを消費する事ができます。

【ダイエット法】泳いで痩せる スイミングダイエット
泳いで痩せるダイエットは運動して痩せるダイエットの中でもかなり高くカロリーを消費します。カロリー消費が高い分、疲れがとても出るダイエットでもあるので、無理して長時間やり続けるのは体に大きな負担となります。カロリー消費量が高いというメリットがありますが、デメリットもあります。泳いで痩せるダイエットの詳細を記事にしておりますので、ダイエットに取り入れたいと思ってる方は是非ご参照ください。

ランニング1時間

ランニング・ジョギングを1時間おこなうと8キロ~12キロくらいの距離を走る事ができます。

ランニングの消費カロリーは体重×走った距離(km)が目安になります。体重60キロの人が10キロ走れば600キロカロリーの消費カロリーがおおよその目安になります。

【ダイエット法】走って痩せる ランニング・ジョギングダイエット
ランニング・ジョギングはダイエットの中では当たり前に聞きますが、走りたくない人が多いのも事実ですし、何より走るのは辛い・・・ランニングやジョギングの走るダイエットのメリットをご紹介

バイク(サイクリング)1時間

サイクリングを1時間行なうと乗っている自転車によって異なりますが、20キロ~40キロくらいの距離を走る事ができます。信号が多い都心などではダイエット効果が下がりますので、河川の土手やサイクリングコース等、信号が極力少なく止まる事が無いコースを走るのが重要になります。

【ダイエット法】自転車を漕いで痩せる サイクリングダイエット
自転車を漕いで痩せるダイエットは運動して痩せるダイエットの中でも手軽に始められるダイエットになります。ウォーキングやランニング・ジョギングに比べ「膝」への負担が少なく、消費カロリーも大きいのでおススメなダイエットになります。長く走り続ける必要があるので、信号が少ない道や河川敷などのサイクリングコースを利用するのがお勧めです。自転車を漕いで痩せるダイエットの詳細を記事にしておりますので、ダイエットに取り入れたいと思ってる方は是非ご参照ください。

トライアスロンの消費カロリー

基本的な運動による消費カロリー計算は下記の様に求められます。

メッツ値(運動によるエネルギー消費量の係数)×体重(Kg)×運動時間(h)×1.05

トライアスロンのメッツ値は10メッツ(一般的)になりますので、例えば60キロの人なら

10×60×3×1.05=1890キロカロリーの消費となります。

この消費カロリーはトライアスロンダイエットを3時間行って消費されるカロリーになります。

3時間同じ運動を続けるのは身体に大きな負荷を掛けますが、1時間ごとに運動を変える為、身体の負荷を分散させる事で身体を守る為のダイエット法にもなります。

トライアスロンダイエットのまとめ

・1つの運動を1時間を目安にし、3種目3時間にします

・1つの運動を3時間続けるよりも、身体の負担が軽くなります

・体重60キロの人で1800キロカロリー以上の消費カロリーがあります

・月に1回、2週間に1回程度取り入れると痩せやすくなります

・無理はしないようにしましょう

コメント