ポタージュを飲んで痩せるダイエット

ダイエット法

ポタージュを飲んで痩せるダイエット

ポタージュを飲んで痩せるダイエットは基本的にポタージュを利用して1食分の食事をポタージュに置き換えるか、低カロリーポタージュを作ってその他の食事量を下げる事でダイエットに繋げる方法になります。

普通に食事をしていて、ポタージュを飲むと痩せるっていう事は無いのでご承知おきください。

このダイエットの最大の特徴は、数あるスープ系のダイエットの中では個人的に一番満腹感(満足感)を得られるところにあります。

そして、このダイエットに向いている人は現状の食生活を見直したいというダイエット初期の人、そしてダイエットに慣れ現状の体重を維持したいという方にも向いています。

もちろん、数々のダイエットに失敗してしまった人も心機一転チャレンジしてみてはどうでしょうか?

ダイエットの難易度も高く無いと思いますし、個人的にはオススメできるダイエット法です。

スポンサーリンク

ポタージュを飲んで痩せる

ダイエットにポタージュを活用する、ポタージュダイエットをご紹介します。

ポタージュは結構高カロリーなイメージがありますが、

バター・スキムミルクを利用せず、豆乳で作ったりすると、普通のポタージュの半分くらいのカロリーになったりします。

ポタージュの大きなメリットは野菜の栄養が手軽に取れる事と、腹持ちが良い事が挙げられます。

ダイエット向けのポタージュは、カロリーが高くなるバターやスキムミルク等の見直しを行い、好きな野菜(又は足りない栄養を補える野菜)の栄養を取れるものになります。

また、ポタージュは冷たいものと温かいものがありますが、ダイエットに向いているのは温かいポタージュです。

食前にサラダとポタージュを取ってから主食を食べるのがオススメの取り方です。サラダとポタージュだけでもある程度の満腹感は得られるので、ご飯やパンなどの炭水化物を無くして、おかずのみ食べれば、摂取カロリーも大きく減らせますし、ダイエットに効果的です。

ポタージュはダイエット食品に適してる?

ポタージュに使う乳製品を豆乳や低脂肪乳にすることで、ダイエット食品に適しているポタージュになります。通常の生クリームやスキムミルクで作るポタージュはダイエット食品に適していると言えません。これはカロリーが高すぎるので当たり前の事ですので、乳製品は必ず置き換えましょう。

コンビニなどで手軽に買えるポタージュですが、ダイエットおこなう上でポタージュを取り入れるならば、頑張って自炊で作りましょう。

自炊で作るメリットは、通常のポタージュよりも低カロリーで栄養価豊富なポタージュを作ることができます。また、作り置きもできるのも良い点です。

自炊ポタージュ=低価格×低カロリー×長持ち

ポタージュダイエットで飽きない為に

毎日同じポタージュを飲むよりも、野菜は沢山ありますので、バリエーション豊かに様々なポタージュを作りましょう。

・コーン

・じゃがいも、さつまいも

・人参

・ほうれん草

・かぼちゃ

・etc

様々な食材でポタージュが作れます。ダイエット向きなのは芋類よりもほうれん草などの方が低カロリーになりますので、野菜のポタージュの方がダイエットに向いています。

きのこ・ごぼう・大根のポタージュも低カロリーポタージュとして人気があります。

ポタージュを飲むタイミング

ポタージュダイエットでは、基本的に食前にポタージュを飲みましょう。間食としてポタージュを飲むのもOKです。

・朝食前

・昼食前

・夕食前

・間食の置き換え

に飲みましょう。ポタージュだけでは無く、サラダも取り入れると効果的です。

通常の食事にプラスしてサラダとポタージュを摂取してしまったら、ダイエット効果としてはあまり無いもしくはもっと摂取カロリーが増えるだけなので、

ご飯・パン類・麺類などの炭水化物の置き換えとしてポタージュを使いましょう。

ポタージュのGI値・栄養など

ポタージュのGI値は入れる食品によって変わりますが、基準より低い食品になります。

ポタージュは血糖値を上げにくくする効果がありますので、食前に飲むポタージュはとても効果的です。温かいポタージュで身体を中から温め代謝も良くなります。

ポタージュは乳製品+野菜と栄養価が高い食品です。美味しく腹持ちも良いので、ダイエットに向いております。

ポタージュダイエットのまとめ

・食前に飲みましょう

・サラダも一緒に食べましょう

・ご飯・パン類・麺類の代わりにしましょう

・冷たいポタージュより温かいポタージュを飲みましょう

・できれば自炊で作りましょう

・生クリームやスキムミルクでは無く豆乳や低脂肪乳で作りましょう

コメント