蒟蒻(こんにゃく)を食べて痩せるダイエット

ダイエット法

蒟蒻(こんにゃく)を食べて痩せるダイエット

スポンサーリンク

蒟蒻(こんにゃく)を食べて痩せる

ダイエット食品として蒟蒻(こんにゃく)は有名ですが、こんにゃくの特徴は何と言っても低カロリーな事が挙げられます。こんにゃくは100gで5キロカロリーと、カロリーはとても低く沢山食べる事ができます。

ダイエット中は空腹感がつきものですので、空腹時に食べて満腹感を得る事ができるのは、大きなメリットになります。

ただ、1食をこんにゃくだけに置き換えてしまいますと、栄養がとても偏ってしまうので、こんにゃく料理を作って1食置き換えを行うのが、こんにゃくを利用した置き換えダイエットではオススメの方法となります。

こんにゃく料理もバラエティ豊富にありますが、きんぴらごぼうはこんにゃく料理の中でもかなりオススメできるこんにゃく料理になります。

写真では人参とごぼうのみですが、これにこんにゃくを混ぜます。

こんにゃく・人参・ごぼうを使用し、味付けは薄目が良いです。濃い味になってしまいますと塩分も多くなりますので、ダイエット料理は基本薄味の方が良いです。

きんぴらごぼうは沢山食べても低カロリーですし、食物繊維が豊富なごぼうも入っていますので、便通の改善にも効果があります。

身体の中も綺麗にできますので、とてもオススメです。

こんにゃくゼリーの注意点

こんにゃくゼリーはダイエット食品として有名です。

間食にこんにゃくゼリーを食べるのも有効です。こんにゃくゼリーもかなり低カロリーです。ただ、こんにゃくゼリーは普通のこんにゃくと比べるとカロリーはありますので、食べても2~3個で抑えるのが良いです。

こんにゃくゼリーのカロリーは商品によって違いますが、1個14キロカロリーと低カロリーでも5個食べれば70キロカロリーになります。小腹が空いた時に少し食べる感じにしましょう。

ダイエット中の間食は無いに越したことは無いので、できるだけ間食は控えるようにしましょう。

蒟蒻(こんにゃく)はダイエット食品に適してる?

こんにゃくはダイエット食品として有能です。

低カロリー・低GI値と非常に良いこんにゃくですが、こんにゃくにはメリットだけでは無く、デメリットもあります。

こんにゃくにはグルコマンナンという食物繊維が豊富に含まれており、そのおかげで便通の改善も期待できるのですが、このグルコマンナンは摂取しすぎると体の水分を吸収しすぎてしまい、逆に便通が悪くなるというデメリットな部分もあります。

こんにゃくダイエットで重要なのは、こんにゃくを食べ過ぎないことが重要です。適度が一番ですので、こんにゃくで置き換えダイエットをおこなう場合は、1食までにしましょう。

2食・3食のこんにゃくだけの生活は体調悪化にも繋がります。

ダイエットはやり過ぎると続かずリバウンドしやすいので、適度にやりましょう。

蒟蒻(こんにゃく)ダイエットで飽きない為に

こんにゃくダイエットで飽きない為にも、様々なこんにゃく料理を作ってみましょう。こんにゃくゼリーだけでも味の種類は豊富ですが、より栄養価を高める為にも、こんにゃく料理を作り、1食を置き換えるのがダイエットとして有効です。

蒟蒻(こんにゃく)を食べるタイミング

・1食分をこんにゃく料理で置き換え

・間食の置き換え

こんにゃくを食べるタイミングは食前・食後などはありません。

1食分はこんにゃく料理で置き換えたり、間食の置き換えとしてこんにゃくゼリーを食べるのが良いダイエット方法です。

蒟蒻(こんにゃく)のGI値・栄養など

こんにゃくのGI値は24と低GI値になります。カロリーは100gで5キロカロリーと超低カロリーな食品になります。

しかしながら栄養価は高くないので、野菜などと併せてこんにゃく料理にして足りない栄養分を補いましょう。

蒟蒻(こんにゃく)ダイエットのまとめ

・こんにゃく料理を作って1食置き換えましょう

・こんにゃくゼリーは食べ過ぎ注意

・こんにゃくの取り過ぎは良くないので置き換えは1食までにしましょう

 

コメント