春雨を食べて痩せるダイエット

ダイエット法

春雨を食べて痩せるダイエット

スポンサーリンク

春雨を食べて痩せる

春雨は乾麺の状態から茹でると約4倍の量になる特徴があります。その為、少ない量でも茹でれば量がとても多くなるので、見た目のボリュームよりも低カロリーで済むのが魅力です。

また、麺類の中でも低いGI値になりますので、ラーメンなどの置き換えで春雨を利用するとかなり摂取カロリーを抑える事ができます。

春雨スープもダイエット食品として人気ですが、よくコンビニ等で売っている春雨スープには大体15g程度の春雨しか入っていません。それでもお湯を注ぐと結構な量の春雨になります。

ダイエット食品として、春雨スープはとても向いていますが、コンビニやスーパーで売っているものは塩分が結構高いので、できれば自炊で春雨スープを作った方が、健康的にも良いです。

春雨を使った置き換えダイエットの仕方としては、春雨サラダが1食置き換えに向いてます。結構ボリュームを増やしても低カロリー且つ野菜も併せて取る事で栄養も取れます。

また、肉類として鳥のささみや胸肉、コンビニで売っているサラダチキンも合わせると低カロリーダイエット食としてはかなり満腹感が得られるサラダになります。

春雨はダイエット食品に適してる?

春雨は茹でる事で約4倍もの量になる特性があるので、麺類としてはダイエット食品としてとても向いています。

春雨はスープに入れても良し、炒めても良し、サラダにしても良しと、春雨を使った料理レシピも豊富にあります。置き換えダイエットで挫折しやすいのは同じものを毎日食べる飽きが原因で辞めてしまう人が多いので、バラエティ豊富な春雨はとても置き換えダイエットに向いてます。

普段食べている麺料理を春雨に置き換える事で摂取カロリーをかなり抑える事ができるのも大きな特徴です。

春雨を食べるタイミング

・1食を春雨料理で置き換え

・食前に春雨スープを飲みご飯・パン類と置き換え

春雨サラダの具材を豊富にして、1食置き換えや、食前に春雨スープを飲む事で血糖値の急上昇を抑えると共に、ご飯・パン類と置き換える事で炭水化物の摂取を抑える事ができます。

春雨のGI値・栄養など

春雨のGI値は32と麺類の中では低く、食品の中でも低GI値となっています。カロリーは100g(乾麺)で342キロカロリーですので、茹でた際の量は約400gとなります。他の麺類と比較すると、

そば(400g):456キロカロリー

ラーメン(400g):596キロカロリー

そーめん(400g):508キロカロリー

うどん(400g):596キロカロリー

ですので、春雨のカロリーが他の麺類と比べて大分低いのが分かります。

栄養は炭水化物以外は特にありませんので、他の野菜などを使い足りない栄養分を補いましょう。

春雨ダイエットのまとめ

・春雨は麺類の中で低GI値、低カロリー

・麺類を食べるなら春雨で置き換えましょう

・春雨料理で1食を置き換えよう

・春雨スープは食前に、ご飯やパンの置き換えにしましょう

 

 

コメント