おでんを食べて痩せるダイエット

ダイエット法

おでんを食べて痩せるダイエット

スポンサーリンク

おでんを食べて痩せる

おでんは高カロリーな練り物や厚揚げや低カロリーなこんにゃくや大根等、様々な食材が入っている食品です。おでんを食べて痩せるには当然ながら普通におでんを食べてしまってはいけません。

おでんを食べて痩せるには、おでんの低カロリー食材のみを食べる事が、おでんを食べて痩せる、おでんダイエットになります。

おでんは温かい食材ですので、身体を温める効果があります。また、おでんの汁は様々な具材の煮汁が混ざっており、好きな方も多いのではないでしょうか。

温かいおでんの汁を飲み、低カロリーなおでん食材を食べるだけでもかなり満腹感を得られますので、おでんは置き換えダイエット食品としても適しています。

それでは、おでんによくある食材のカロリーを見てみましょう。

おでん食材のカロリー

コンビニ大手3社のおでんのカロリーの一覧表になります。

品名セブンイレブンファミリーマートローソン
白滝5127
昆布巻587
こんにゃく688
大根8911
串玉こんにゃく2010
はんぺん343226
牛すじ串344237
ごぼう巻374845
ロールキャベツ375150
たこ串42
さつま揚げ497756
焼ちくわ515442
まる天5784
さつま串6064
厚揚げ(絹)619565
つみれ624840
焼豆腐625452
鶏つくね63101108
がんも647475
だし巻き玉子707383
ウインナー巻き798383
煮卵807583
厚揚げ(木綿)85194
ちくわぶ9278111
餅入り巾着132112105
あらびきウインナー15612297
じゃがいも68
シュウマイ巻71
枝豆入りふんわり揚げ106
うずら巻97
つくね串8983
肉いなり76
豚角煮串105
豚カルビ巻串59
さぬきうどん228
豆乳こんにゃく6
鶏せせり串51
すじ37
豚トロ串73
湯葉だんご70
とうもろこし天52
お魚団子76

おでんは表を見て分かる通り、低カロリー食材と高カロリー食材が混同しております。低カロリー食材を選ぶのも大事ですが、摂取カロリー計算が容易にできる為、摂取カロリーを決めてから食べたいものを選ぶスタイルができるのもおでんダイエットの魅力の一つです。

おでんの具材は大体5~8個も食べれば相当満腹感を得られますので、例えばセブンイレブンのおでんであれば低カロリー順に8個選んでみても149キロカロリーとかなり低カロリーになります。

汁のカロリーは100mlで大体20キロカロリーになります。

おでんの汁込みでも8品食べて、大体200キロカロリーであれば食材の量からしてもかなり低カロリーな1食になります。

おでんを食べるタイミング

・1食をおでんで置き換え

おでんダイエットでおでんを食べるタイミングは1食を丸ごとおでんで置き換えが有効です。また、おでんは低カロリー且つボリュームも大きくできるので、夕食を置き換えるのが一番効果的になります。

注意点としては、おでんは塩分が多いので、いくら低カロリーと言っても一日2食をおでんで置き換えるのは辞めましょう。

また、汁の飲みすぎにも注意が必要ですので、適度な量を取りましょう。

おでんのGI値・栄養など

おでんのGI値は食材によって左右されますが、こんにゃく・大根・白滝等の低カロリー食材は低GI値の食材でもありますので、低GI値食材から食べていきましょう。

逆にカロリーが高い食材は、油を使い高GI値であるものが多いので、食べるのであれば食事の最後の方に食べましょう。

おでんだけでは栄養が偏りますので、夕食をおでんで置き換えるのであれば、昼食にサラダを取るなどして、足りない栄養分を補いましょう。

おでんダイエットのまとめ

・1食をおでんで置き換えましょう(夕食が効果的)

・低GI値の食材から順に食べていきましょう

・全般的に汁を吸って塩分が高いので、1日1食までの置き換えにしましょう

・汁の飲み過ぎには注意をしましょう

 

 

コメント