グレープフルーツを食べて痩せるダイエット

ダイエット法

グレープフルーツを食べて痩せるダイエット

スポンサーリンク

グレープフルーツを食べて痩せる

グレープフルーツは芸能人が活用して痩せた流行のダイエット法ですが、基本的にグレープフルーツで1食を置き換えるのではなく、グレープフルーツを活かした副食として食べるダイエット方法になります。

グレープフルーツにはビタミンCが豊富に含まれていますので、ストレス軽減作用があります。また、クエン酸も豊富に含まれていますので、2日酔いにも効果的な果物です。グレープフルーツの香りには食欲を抑制する効果もありますので、グレープフルーツを食べるのは食前に1個食べるのがグレープフルーツダイエットになります。

グレープフルーツダイエットでは、毎食前に1個食べるのを基本としますが、1日3個もグレープフルーツを食べるのが難しいという方も多いのでは無いでしょうか。

グレープフルーツをそのまま3個食べるのが難しい場合は、生絞りの生グレープフルーツジュースを食前に飲みましょう。生絞りが用意できない場合は、100%グレープフルーツジュースにします。

100%以外のグレープフルーツジュースではグレープフルーツダイエットの効果を発揮できないので、100%のものか生絞りのグレープフルーツジュースにしましょう。

注意点として、グレープフルーツ前と同じ食事内容でグレープフルーツを食べるだけでは痩せる事ができません。グレープフルーツを食べる事で体内環境を改善することと食べ過ぎを抑える事ができます。グレープフルーツダイエット時の1日の食事メニュー例を以下の様になりますので、参考にしてください。

グレープフルーツダイエット時の食事メニュー例

朝食:グレープフルーツ・ヨーグルト(プレーン)

昼食:グレープフルーツ・サラダ・その他主食

夕食:グレープフルーツ・サラダ・その他主食

朝食は、グレープフルーツとヨーグルトで置き換えを行います。置き換えを行ったことで通常の朝食で摂取するカロリーよりも減らすことができます。

昼食・夕食は自炊をお勧めします。自炊であればグレープフルーツとサラダを食した後の主食の量を調整することができるからです。

ダイエット中はどの置き換えダイエットでもそうですが、自炊で料理を作って食べるのが一番痩せやすいです。できるだけ自炊をしましょう。

グレープフルーツを食べるタイミング

・毎食前にグレープフルーツを食べる

基本的に毎食前にグレープフルーツを食べます。毎食前にグレープフルーツを食べる事で、満腹感を先に感じ食べ過ぎを防ぎます。

グレープフルーツを食べた後は、サラダを食べるのをおすすめします。グレープフルーツとサラダを10~15分程度掛けて食べる事で、大分お腹が満たされます。満腹感を得られると主食の量は必然的に少なくなりますので、結果として摂取カロリーを抑える事ができます。

グレープフルーツのGI値・栄養など

グレープフルーツのカロリーは100gあたり38キロカロリーになります。普通サイズのグレープフルーツ1個が200g程度の可食部になりますので、1個食べて76キロカロリーと低カロリーです。

また、GI値も31と低いので、食前に食べる事で血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

栄養分はビタミンCがとても豊富でクエン酸も豊富です。その他の栄養分は豊富では無いので、たんぱく質や炭水化物はその他食事で補いましょう。

グレープフルーツダイエットのまとめ

・毎食前に食べるようにしましょう

・1日3個が難しい場合は、生絞りか100%ジュースで代用しましょう

・グレープフルーツ後にサラダを食べると満腹感を多く得られます

 

コメント