キウイを食べて痩せるダイエット

ダイエット法

キウイを食べて痩せるダイエット

スポンサーリンク

キウイを食べて痩せる

キウイは暑い夏「熱中症」予防にも効く、ビタミンC・カリウム豊富な果物です。特に夏の暑い季節には熱中症予防にもなりますので、ダイエットに合わせて取っていきたい果物になります。

キウイは1つ(普通の大きさ)でカロリーが約41キロカロリーととても低い果物です。毎食前に2つを目安にキウイを食べると熱中症予防にもなり、ダイエットにもなる一石二鳥なダイエット食品となります。

キウイを食べる際は、そのまま食べるのも良いですし、ヨーグルトと一緒に合わせて食べるのも良いですし、スムージーにして飲むのも良いです。様々な食べ方がありますので、自分のお好みで食べるのが良いです。

キウイダイエットでは、朝食では朝食の置き換えを行い、その他昼食・夕食では、主食の摂取カロリーを下げる為に、食前に摂取を行います。食前に食べる事で、血糖値の上昇を緩やかにし、満腹感を先に得る事で食べ過ぎをしないようにします。

キウイなど、果物はデザートという見方を持っている人が多いですが、ダイエットの場合、先入観は捨ててチャレンジしてみましょう。

熱中症予防に最適なキウイドリンク

キウイにはカリウムが豊富にあり、ビタミンCや食物繊維など、ダイエットに有効な成分が多く含まれております。

熱中症予防に最適なキウイドリンクのレシピをご紹介します。

1.キウイを輪切りにします。

2.輪切りにしたキュウリを袋に入れて揉みます

3.塩を一つまみ程度入れて、更に揉みます。

4.コップに戻して飲みます。

作るのが非常に簡単かつ、熱中症予防にもなるキウイドリンクです。

小腹が空いた時の間食としても有効です。

キウイダイエット時の食事メニュー例

朝食:キウイ・ヨーグルト(プレーン)

昼食:キウイ・サラダ・その他主食

夕食:キウイ・サラダ・その他主食

朝食は、キウイとヨーグルトで置き換えを行います。置き換えを行ったことで通常の朝食で摂取するカロリーよりも減らすことができます。

昼食・夕食は自炊をお勧めします。自炊であればキウイとサラダを食した後の主食の量を調整することができるからです。

ダイエット中はどの置き換えダイエットでもそうですが、自炊で料理を作って食べるのが一番痩せやすいです。できるだけ自炊をしましょう。

キウイを食べるタイミング

・毎食前にキウイを食べる

基本的に毎食前にキウイ(1個~2個)を食べます。毎食前にキウイを食べる事で、満腹感を先に感じ食べ過ぎを防ぎます。

キウイを食べた後は、サラダを食べるのをおすすめします。キウイとサラダを10~15分程度掛けて食べる事で、大分お腹が満たされます。満腹感を得られると主食の量は必然的に少なくなりますので、結果として摂取カロリーを抑える事ができます。

キウイのGI値・栄養など

キウイのカロリーは100gあたり53キロカロリーになります。普通サイズのキウイ1個が80g程度の可食部になりますので、1個食べて約41キロカロリーと低カロリーです。

また、GI値も35と低いので、食前に食べる事で血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。

栄養分はビタミンC・カリウムが豊富で食物繊維も含まれています。熱中症予防にもなり、ダイエット食品にもなり、便通の改善にも効果的なキウイはダイエット食品としてとても有効です。

キウイダイエットのまとめ

・毎食前に食べるようにしましょう

・熱中症予防にも最適、キウイドリンクを飲みましょう

・キウイと併せてサラダを食べると満腹感を多く得られます

 

コメント