【ダイエット法】レコーディングダイエット

ダイエット法

記録して痩せれるレコーディングダイエット

スポンサーリンク

レコーディングダイエットとは

レコーディングダイエットとは、その名の通り食べたものを毎食記録して、日々どれ位食べているのかを記録していくダイエット方法になります。

食べたものを記録すると痩せれるのか?

って思う人が多いと思いますが、ただ記録するだけでは痩せれません。レコーディングダイエットで重要なのは、食べた物のカロリーや栄養分を記録していく事で、自分がどれくらいのカロリーや栄養を摂取しているのかを事細かに知る事によって、必要な栄養分やダイエットで痩せる為のカロリーコントロールを行なっていく為のツールとして活用します。

食べる量を減らせば痩せれますが、単純に食べる量を減らすだけでは栄養が偏ってしまったり、空腹感が辛く出たり、闇雲にやるダイエットは失敗に繋がりやすいです。

レコーディングダイエットでは、毎食自分が食べた物を記録していきますので、過去に多くの人が行ったダイエットでの食事など参考にできるデータが沢山あります。

あすけんアプリ

上記のアプリを始め、レコーディングダイエットをするのに向いているスマホアプリが沢山ありますので利用してみましょう。

レコーディング内容を活用しましょう

レコーディングダイエットは食べた物を記録していく事で、食べ過ぎを抑えたり、足りない栄養分を補う事ができるダイエット方法になります。

朝食・昼食が終わり夕食は何にしようと考える時に、朝食・昼食の合計カロリーや栄養分が分かれば、夕食は自然に適正なカロリーの夕食に抑える事ができます。

記録をしなければ分からない事がダイエット中の食事では沢山あります。そんなに食べていないのに実は摂取カロリーが予想外に高かったなんてことはよくある事です。自分の食べた内容をしっかりと理解する事が、食事量を抑えたり、足りない栄養分を補う事に繋がります。

レコーディングを習慣化して、食べる前に撮るを続けましょう。

パーソナルジムでも利用されているレコーディングダイエット

パーソナルジムでもレコーディングダイエットは採用されています。毎日の食事を毎食毎に写真を撮ってジムのトレーナーに送付し、ジムのトレーナーより食事の指示を受けます。

パーソナルジムでは栄養士の資格を持っているトレーナーや痩せる為の食生活を理解しているトレーナーが殆どです。

毎日の食事をレコーディング(記録)していく事で、現在の摂取カロリーや食事のバランス、そして食べた物の振り返りを行う事で、食生活改善へ導いてくれます。

https://crazy-diet.com/410/

ダイエットの目標を立てましょう

レコーディングダイエットでは食べてもののカロリー計算や栄養分が分かりますので、1日どれ位のカロリー摂取にすれば何キロ痩せられるのか、目標体重や自分自身のBMIより目標体重の目安が分かる以下の記事よりダイエットの目標を立ててみましょう。

目標体重を自ら決めて摂取カロリーを計算したい方は下記ページより試算ください。

置き換えダイエット カロリー試算表
目標体重に到達するために必要な置き換えダイエットの摂取カロリーの目安が分かる試算ページになります。性別・身長・体重・年齢・目標体重を入力すると、基礎代謝カロリー・体重維持する為のカロリー・BMI・置き換えダイエット摂取カロリー別の日数が分かります。

適正体重以下(美容・モデル体重)を目指す方は下記ページより試算ください。

適正体重以下を目指すカロリー試算表
適正体重以下になる為の自動目標設定と、目標体重に到達するために必要な置き換えダイエットの摂取カロリーの目安が分かる試算ページになります。性別・身長・体重・年齢を入力すると、基礎代謝カロリー・体重維持する為のカロリー・BMI・置き換えダイエット摂取カロリー別の日数が分かります。

普通体重(BMI=25)を目指す方は下記ページより試算ください。

普通体重(BMI=25)を目指すカロリー試算表
普通体重(BMI=25)を目指す為の自動目標設定と、目標体重に到達するために必要な置き換えダイエットの摂取カロリーの目安が分かる試算ページになります。現在のBMIが25以上の方の利用が向いております。性別・身長・体重・年齢を入力すると、基礎代謝カロリー・体重維持する為のカロリー・BMI・置き換えダイエット摂取カロリー別の日数が分かります。

レコーディングダイエットのまとめ

・食べる前に撮るを習慣化しましょう

・記録するだけでは痩せれません、記録したデータをダイエットに活かしましょう

・毎日、毎食毎にレコーディングをおこないましょう

・おおよその食事のカロリーをレコーディングを行う事で覚えていきましょう

・食べた内容は正確にレコーディングしましょう

 

コメント