ランニングでダイエットするなら早朝が一番おすすめ

ダイエット法

早朝ランニングダイエットがオススメな理由

スポンサーリンク

早朝ランニングがダイエットに向いているのは

ダイエットで体重を減らす、スリムな体型を目指す、ランニングは消費カロリーも大きく、走ることに慣れてくると更に長い距離が走れる様になったり、早く走れる様になったりと、成長も感じる事ができる運動です。ランニングはダイエットにとても向いており、ダイエットをする方ならば是非ダイエットに組み込んでもらいたい運動ですが、どの時間帯に走るのが一番ダイエットに効果的かご存知ですか?

ダイエットに一番効果的なのは、ずばり朝食前の早朝ランニングです。

朝食前の早朝は、睡眠によって前日摂取した食事が身体に吸収されている状態です。早朝にランニングを行う事で、ランニングで使用するエネルギーは身体に吸収されている脂肪分から捻出されます。

すなわち、当日に食べたものをエネルギーとして利用するのでは無く、身体の中にある脂肪分からエネルギーとして利用することになりますので、ダイエット効果としては早朝が一番効果的になります。

そして、寝起きの早朝は体の体温が1日で一番低い状態でもあります。ランニングを行う事で体温が上昇し、体脂肪を燃焼させやすくなります。早朝ランニングは昼や夜に走るよりもダイエット効果が高い為、同じ距離を走るのであれば早朝に走るのが一番体脂肪を燃焼させることができ、日中の代謝機能もあげる事ができます。

早朝ランニングを行う事はダイエットにとって、とてもメリットが多いのです。

早朝ランニングの注意点

早朝ランニングはメリットが多くある、とても痩せやすいダイエット法ですが寝起き後を体温が低く、身体も堅い状態です。また、睡眠中でも汗をかき体の水分が失われると同時に血液もドロドロになってます。

いきなり走ると身体への負担が大きく、思わぬ怪我を招きやすくなります。

走る前に1杯の水(オススメはノンカロリーのVAAM)を飲んで、柔軟体操(ストレッチ)をしてから走り始めましょう。

早朝ランニングでは、食べ物を食べてない状態で走ります。長距離を走ろうとするとエネルギー切れを起こす可能性が高いので、多く走っても2時間程度、通常1時間程度のランニングで終わりにしましょう。体脂肪をエネルギーとして消費しはじめるのは運動をしてから20分程度時間が掛かると言われておりますので、20分以上2時間未満を目安にして早朝ランニングを行いましょう。

早朝ランニングは食欲を抑制する効果もあります

早朝ランニングで1時間強走ると、食欲が大分抑制されており、走ったから沢山食べようという感じにはなりずらいです。早朝では無く、昼のランニングでは、夕食を多く取り過ぎてしまう場合がありますが、早朝ランニングでは、朝食の食欲を抑制する効果がありますので、朝食を軽めにすることでダイエットの効果をより高める事ができます。

早朝ランニングと朝食置き換えダイエットをおこない、昼食・夕食(お酒を含む)は好きなものを食べるとダイエットを私自身行いましたが、体重は緩やかに減少していきましたので、ダイエット効果はとても高いです。

更に、昼食・夕食も摂取カロリーを抑えるようにした所、1週間で3キロ近く減りました。

早朝ランニングはダイエット効果がとても高い事を実際に体感しました。

早朝ランニングダイエットのまとめ

無理なく痩せる為には以下のように早朝ランニングを行いましょう

・走る前に1杯の水分補給をしましょう

・柔軟体操は必須です。怪我をしないようキチンとしましょう

・最低20分以上は走りましょう

・走っても2時間以内で抑えましょう

・走り始めはやり過ぎ注意、週3日程度にしましょう

早朝ランニングはダイエットにとても効果的で、痩せれるダイエット法になります。

運動をして痩せるダイエットになりますので、身体に異変を感じたら無理をせず休むのも大切です。怪我をしてしまったらできないダイエットですので、身体の調子に合わせた距離を走りましょう。

運動に合わせて朝食の置き換えを実施

昼食置き換えダイエットでしようしていたダイエットプロテインを朝食の置き換えにしています。

カロリーも1食25キロカロリーと低く、口当たりも良く飲みやすいので、置き換えダイエットから継続して利用しています。
オールインワンプロテインドリンク、ファスタナ

コメント