ダイエット中は禁酒をしましょう

ダイエット雑記

ダイエット中は禁酒をしましょう

私はお酒が大好きです。ダイエットしてなければ毎日でも飲みたいお酒好きです。

しかしながら、痩せたい、お腹を凹ましたいと思うのであれば、ダイエット中は禁酒をした方が痩せれます。

スポンサーリンク

お酒を飲むとダイエット効果が低くなる理由

ダイエットをしていても、お酒を飲むとダイエット効果が低くなる理由は、多分皆さんご存知だと思いますが、

「お酒を飲むと食べてしまう」

事が原因です。飲み会だったけど、そんなに食べてないよって人もいるかと思いますが、レコーディングしてみてください。

自分の思った以上に食べている事が多いと思います。

お酒を嗜む程度であっても、その分カロリー摂取している訳です。

私自身、早朝ランニングを行い、お酒を飲んでダイエットをしていた期間とお酒を飲まないでダイエットをしていた期間では、圧倒的に禁酒してダイエットをしていた期間の方が体重減少しています。

私の場合、シチュエーションによって変わりますが、お酒を飲めば飲むほど食が進み過ぎるタイプでもありますので、自分でも意味が分からない程食べてしまいます。

お酒だけで1000キロカロリー以上、料理でも1000キロカロリー以上と、合計すると2000キロカロリー以上、飲み会で摂取したりしてしまいます。更に飲み会後の締めでラーメン等を食べてしまうと、1回で1日の摂取カロリーを軽くオーバーします。

また、お酒を飲んだ次の日は、味が濃いものを好む事が多く、無性にラーメンが食べたくなったりします。そこで食べてしまったらダイエット中でしたらそれがリバウンドに変わり、ダイエットをしていなかったら太ってしまいます。

「お酒を飲むと太る」

これは自分の中では間違いないと思っています。

ビール1本程度で満足できるのであれば、それは間食を取ったのと同じ程度ですので、ダイエットをする上では問題ないと思いますが、それ以上お酒を飲む場合は、ダイエットに少なからず影響があるので注意が必要です。

禁酒によるダイエット効果

禁酒によるダイエット効果は、普段お酒を飲んでいる量が多ければ多いほど高くなります。

どうしてもお酒が飲みたい人であれば、平日は完全に禁酒をして休日飲むようにしましょう。休肝日を設ける事は健康的にも大事ですが、普段は飲まない習慣をつけることがダイエット的にも効果が高くなります。

禁酒をすることでお酒を飲まない(お酒の摂取カロリーが無くなる)事と食べ過ぎない(食事の摂取カロリーが少なくなる)、お酒によるお酒と食べ物の摂取カロリーは物凄い高い為、その摂取カロリーが通常食に変わるだけでも日々の摂取カロリーの数値が変わります。

週に5~7日とほぼ毎日飲んでいる人であれば、通常食が置き換えダイエットになると言っても過言ではありません。

しっかり痩せたいのであればお酒は不要です。

飲んで太りたくなければ、お酒を飲んだ次の日にはフォロー食と運動でリカバリーしましょう。

禁酒ダイエット方法は以下の記事でまとめてありますので、是非参考にしてみてください。

お酒を飲む人限定の禁酒ダイエット
禁酒して痩せるダイエットのご紹介です。禁酒ダイエットは、今までお酒を飲んでいる人のみができるダイエット方法になります。日頃からお酒を飲んでいると、実はそれだけで多くのカロリーを摂取している事になります。お酒を飲むという事は気づかない内に食べ過ぎているという事もあります。禁酒して痩せるダイエットの詳細はこちらからご参照ください。

お酒を飲みたい場合は家飲みがオススメです

どうしてもダイエット中にお酒が飲みたい場合は家飲みが一番オススメです。外で飲む場合はどうしても摂取カロリーが多大になります。

外飲みでは、ダイエット中では絶対に避けたい

・はしご酒

・締めの食事

・締めのデザート

をしてしまう可能性がとても高くなります。数件はしごして、締めに食事をおこなったら、下手すると2日分のカロリーを摂取してしまう事もあります。

外飲みは、雰囲気が良かったり、料理が美味しかったりするので、お酒を飲んでいる事もあり、自制心が効かなくなりやすいです。

どうしてもお酒が飲みたい場合は家飲みにして、食べるものも自分で決めてその中で納まるように飲みましょう。

 

コメント