続ければ続ける程楽になる早朝ランニングダイエット

ランニング

継続は体を変える早朝ランニング

早朝ランニングダイエットを始めて早1ヶ月以上経ちました。

走り始めた頃は、長い距離を走るというよりは、できるだけ40分以上走り、体脂肪を燃やしていくのが目的でした。

1ヶ月も早朝ランニングを続ければ、体が慣れます。

早朝ランニングに限った事では無いですが、新しく始めた事を1ヶ月続ける事ができれば、体が慣れ、最初と同じ負荷ではとても楽に感じる事になるでしょう。

早朝ランニングは痩せられるダイエットです。痩せた後も同じ負荷では痩せるスピードがどうしても遅くなってしまいます。

現在は痩せる目的よりも体重を維持する為に早朝ランニングをおこなっておりますが、どんな風に取り組んでいるかご紹介します。

スポンサーリンク

平日と休日で運動量に差をつける

早朝ランニングはその名の通り「早朝」に走るトレーニングです。

平日の場合、早朝ランニング後に仕事へ行く為、早朝ランニングをおこなってヘトヘトになる訳にはいけません。

平日の早朝ランニングの目安は大体1時間程度走る事にしております。

週末の金曜日等、余裕がある場合は、1時間半位に時間を伸ばしたりして負荷をかけるようにしています。

休日に関しては、早朝ランニング後の仕事も無いので平日よりも負荷を掛けます。走り始めからその日の調子によりけりですが、平日の2倍を目安にして走っています。

平日に約10キロ程のランニングですので、大体ハーフマラソン程度の距離を2時間くらいかけて走っています。

私の場合、休日が土日なので、土曜日が一番負荷を掛けて走り、日曜日は調子によって変わりますが平日と同程度の距離を走ることが多いです。

走る距離を少しずつ伸ばしていきましょう

早朝ランニングを1ヶ月も続ければ、当然ですが走り始めた頃よりも

・早く走れる様になる

・走っても疲れにくくなる

上記のように、ランニングに慣れてきます。走る距離を少しずつ伸ばしていく事で、同じ時間でも多くの距離を走る事ができるようになります。

ランニングの消費カロリーはざっくりとした計算式で、

体重×走った距離=消費カロリー

になりますので、距離を伸ばす事は消費カロリーアップにも繋がります。

早朝ランニングは体脂肪をエネルギーとして活用しますので、走る事になれてきたら、1日何キロ走るという目標にするのでは無く、1日何分(何時間)走るという風に目標を決めた方が、より消費カロリーを増やせます。

適度な休足日を設けましょう

1週間に1日~2日や、雨が降っている日などは、休足日と割り切って休むようにしています。

ランニングは足に負担が掛かります。運動ダイエット全般に言える事ですが、怪我をしてしまったら、運動ダイエット自体できなくなってしまいます。

怪我をしないようにするのは、運動ダイエットをおこなう上で必須要件です。

休足日を設けて足を休ませてあげる事も必要です。

運動ダイエットをおこなっている人の多くは食事制限も行っている人が多いと思います。

1日~2日休んでもダイエットに影響はありません(超短期間で痩せたい人は別ですが・・・)。

ダイエットを長く継続させる為にも適度な休足日を設けましょう。

朝走るのが億劫だと思ったときは

早朝ランニングは早朝に行うため、走るのが面倒だなと思う事はもちろんあると思います。私自身も面倒だと思う時はもちろんあります。

特に休足日明けは、体が楽を覚えてしまった後なので、余計に感じます。

そんな時は、とりあえず走る格好に着替えて玄関を出てみましょう。

玄関さえ出てしまえば、最初はジョギング程度で身体を慣らして行く内に、いつも通りランニングする事ができます。

玄関から出る第一歩がダイエット継続にはとても重要です。

コメント