【ダイエット法】自転車を漕いで痩せる サイクリングダイエット

ダイエット法

自転車を漕いで痩せる

スポンサーリンク

ウォーキングやランニング・ジョギングとの違い

まず、ウォーキングとの違いは消費カロリーの大きさが違います。ウォーキングでのダイエットは全く運動をダイエットに取り込んでいなかったダイエット初心者の方が適しているので、ウォーキングより負荷をかけるのであれば、自転車を漕いで痩せるダイエットの方が消費カロリーが多くランニング・ジョギングよりも手軽に行うことができます。

ランニング・ジョギングとの違いは、ダイエットの難易度が大きく異なるのが一番大きな違いになります。ランニング・ジョギングはある程度運動慣れしてこないとできません。全く運動していなかった人がいきなり10キロ走り続けることは相当難しいですし、10キロを休み休み走り切ったとしても、それを継続していくのは相当ハードルが高いものになると思います。ランニング・ジョギングは全身を使う有酸素運動で、ダイエットの効果も高いですが、自転車を漕ぐダイエットも消費カロリー自体はランニング・ジョギングと大して変わらない為、ウォーキングが続いてできる人であれば手軽さもありますので、おすすめのダイエット方法になります。

また、自転車ダイエットは、ウォーキングやランニング・ジョギングと違って食事が終わってからすぐに取り組む事ができます。それはなぜかというと、ウォーキングやランニング・ジョギングと違い、座っていることで胃腸を動かさないからになります。

 

自転車を漕ぐ事によるダイエット効果

自転車を漕ぐには足を使いますので、自転車を漕ぐ事によって太もも(大腿部)やふくらはぎに筋肉がつきます。筋肉が付くこと太くなるのは嫌だと感じる人も多いと思いますが、競輪の選手のように筋肉で肥大することは通常のダイエットではありえませんので、安心してください。

肥大するどころか、筋肉がつくことで余分な脂肪が取れ、スリムアップします。

また、自転車を漕ぐダイエットの大きな利点は、長時間運動がやりやすいという所があります。常に全速力で自転車を漕がなければならないという訳では無いので、自分のペースでできます。

自転車を漕ぐ事の消費カロリー

基本的な運動による消費カロリー計算は下記の様に求められます。

メッツ値(運動によるエネルギー消費量の係数)×体重(Kg)×運動時間(h)×1.05

ウォーキングのメッツ値は7.5メッツ(時速20キロとして)になりますので、例えば60キロの人なら

7.5×60×1×1.05=472.5キロカロリーの消費となります。

472.5キロカロリーと言えば、おにぎり2個強になります。

自転車を漕ぐダイエットは消費カロリーが高いダイエットになります。同じ1時間でもウォーキングと比べると2倍以上の消費カロリーがあります。

自転車を漕ぐダイエットに適した自転車

自転車を漕ぐダイエットに適した自転車は、電動アシスト自転車以外であればどれでも適しています。電動アシスト自転車はその名の通りペダルを漕ぐことをアシストする自転車であるので、通常の自転車と比べてダイエット効果は減少します。

自転車のペダルを回し続ける事が自転車を漕ぐダイエットになりまので、ママチャリでも全然OKです。自転車の種類によって、スピードや軽さも違ってきます。ですので、自転車を漕ぐダイエットに使う自転車はお好みのものを利用してください。

自転車の種類を大まかに説明しますので、自分の乗りたい自転車を見つけてみてください。

シティサイクル(通称:ママチャリ)

シティサイクルは、街で最もよく見かける通称:ママチャリの事を指します。

ママチャリの利点は、カゴがあることが大きな利点でバッグなど物を入れて運ぶことができます。また、他の自転車よりも安価で買うことができます(1万円程度)。ものによってはとても高く(10万円程)高性能なシティサイクルもあります。自転車全般に言えますが、デザインも豊富にあります。

クロスバイク

クロスバイクはシティサイクルと違い、ハンドルがT字になっておりスポーティな構造になっております。シティサイクルよりもタイヤが細く、より軽量化してます。重量はシティサイクルの半分程度になっており、クロスバイクに乗ったことが無い人は車体の軽さに驚くと思います。

また、シティサイクルよりも耐久性に優れているため、より長く乗れるもの一つの特徴です。

自転車を漕ぐダイエットに使う自転車を選ぶのであれば、クロスバイクが個人的にオススメです。

ロードバイク

ロードバイクはシティサイクルやクロスバイクと比べて圧倒的なスピードを出すことができる自転車です。競技用でも使われている為、出せるスピードはもの凄く速いです。

自転車を漕ぐダイエットにロードバイクは必要かと言われますと、自転車を持っていない人でダイエット目的の為ロードバイクを購入した方が良いとは言えません。

あくまでもクロスバイク等に乗りなれていたり、サイクリングによりスピードを求める方が購入した方が良いものだと思います。

価格は安くなく、安いものでも10万円程度しますので、サイクリングが好きな人に向いていると思います。

自転車を漕ぐダイエットの準備

自転車を漕ぐダイエットを始める際の準備は以下になります。ランニング・ウォーキングと同様にダイエットを始める前の準備は似通ってます。

自転車を漕いだ距離を計測をする

どれくらいの距離を走ったのか、どれくらいカロリーが消費できたのか、今はスマホで計測できるアプリが多々出ているので、必ず利用しましょう。

自転車を漕ぐダイエットは定期的な継続が不可欠です。記録を取っていく事でダイエットを続けるモチベーションになります。

サイクリングコースを考える

自転車を漕ぐダイエットはランニング・ジョギングやウォーキングと比べると、かなりの距離を走ることができます。一番ダイエットに適しているのは、信号が無く走り続けることができるコースを走るのが一番です。

河川敷や信号があまり無いルートを下調べし、様々なサイクリングコースを考えてみてください。

朝出発して、目的地でお昼を食べて帰ってくるような、よくあるサイクリングでもダイエット効果は抜群です。楽しめるコース作りをしていきましょう。

サイクリング用の服装を着よう

自転車を漕ぐダイエットでは、少し漕いで終わりという訳ではなく、長い時間漕ぐので汗が出ます。特に夏場に1時間自転車を漕げば、大分汗をかくことになります。体感としては風を受けているのでそんなにダラダラ出るイメージは無いでしょうが、人によっては汗だくになる人もいます。

自転車を漕ぐダイエットでは、速乾性のあるサイクリング用の服装か、運動用の服装を着て行いましょう。

『自転車を漕ぐダイエット』を継続しよう

自転車を漕ぐダイエットの弱点はずばり天気です。

天気が悪い時の自転車走行は危険です。悪天候時の走行は体調にも影響します。なので、天気が悪い時は自転車を漕ぐダイエットは諦めましょう。

自転車を漕ぐダイエットの継続方法はずばり『趣味にしてしまう事』です。

ダイエット目的であるけれど、自転車に乗って遠くへ行っておいしいご飯を食べて戻ってくるというような、休日の半日から一日を使った自転車を漕ぐダイエットは非常に効果的です。

継続は力なりですので、頑張って続けましょう!

コメント