漢(おとこ)の食事制限法

ダイエット法

漢(おとこ)の食事制限法

食事制限は男女関係なしにダイエットでは欠かせないものになりますが、具体的にどのように食事制限をすれば痩せやすいのか、食事制限に慣れるのはどのようにすればいいのか知りたい人も多いと思います。

今回は漢(おとこ)の食事制限法として、私が実際におこなっている食事制限のやり方やコツなどをご紹介します。

スポンサーリンク

食事制限をする為の心得

食事制限はダイエット前に食べていた量よりも減らす必要があります。食べる絶対量を減らして制限するのが食事制限です。

ダイエット初期は具体的なカロリー制限から始めると「気合いと根性」が相当無いと挫折します。段階を経て食事量を減らしていくのがダイエット初期(1ヶ月程度)はオススメな食事制限方法です。

食事制限中にはNGな行為が複数ありますので、まずはNG行為をご紹介します。

1.「大盛り」

私自身ラーメンやつけ麺が大好きで、ラーメン屋に行ったら必ず「大盛り」を頼んでいました。食事制限中に「大盛り」は不要です。「大盛り」がデフォルトとしていたのであれば、「大盛り」を封印しましょう。

また、並みでも大盛りの量が出てくるようなお店(ラーメンであれば二郎系等)では、小盛りを頼みましょう。

小盛りなんて頼めるか!って人も居ると思いますが、まずダイエットしている事を思い返しましょう。小盛りを頼むのが恥と感じるのであればそもそも食べるのを辞めましょう。

ダイエット中に大食いは不要です。

2.「炭水化物に炭水化物を重ねない」

外食に良くありますが、丼もののオプションで蕎麦・うどんを追加したり、ラーメンにライスを追加したりするような、「炭水化物に炭水化物」を重ねるような食事は辞めましょう。

ダイエット中は炭水化物は1食あたり1種類のみにします。

炭水化物は糖分です。不要なカロリー摂取を避けるためにオプションに炭水化物を重ねず、オプションを頼む場合は「サラダ」にしましょう。

3.「カロリーのある飲み物は飲まない」

カロリーのある飲み物は全て断ちましょう。

当然ですが、お酒も断ちます。お酒はエンプティカロリー等言われたりしますが、信じない方が痩せれます。

基本的に水・お茶・ブラックコーヒーを飲みましょう。空腹が辛い場合は、炭酸水を飲みます。ゼロカロリー飲料は飲んでも差し支えないと思ってますが、ガチでやるならばゼロカロリー飲料も封印しましょう。

4.「スイーツ男子封印」

甘くて美味しいスイーツは基本的にカロリーが超高いです。

スイーツ男子は封印しましょう。ダイエットにスイーツは不要です。

どうしてもスイーツが食べたくなったら、果物を食べましょう。ケーキ部分は想像にしてエアスイーツで食べてください。

食事量を減らすコツ

食事量を減らすコツは、ダイエット女子を見習いましょう。

男性と女性では基礎代謝が異なります。

例えば、165cm・65kg・30歳の男女では、基礎代謝に下記の違いがあります。

男性:1577.5kcal

女性:1359.6kcal

おおよそ200kcalも男女で異なります。同身長・同体重で男性は女性に比べ、基礎代謝で200kcalもアドバンテージがある訳です。

と、いう事はダイエットしている女性の食事量に合わせれば必然的に痩せられると思いませんか?

女性の食事量はもの凄い少ないかと言えば、そこまで少なくありません。ダイエットをしている女性の食事を見習い、量も女性と同様に合わせる事で必然的に食事量を抑えられます。更に、女性はバランスの良い食事を心がけている方が多いので、男性では偏りやすい栄養面も補助できます。

食事量は女性に合わせて「食事の絶対量」を減らしましょう。

気合いと根性

空腹は気合いで乗り切り、根性でダイエットを続けましょう。

食事制限は最初が一番辛いです。最初の1週間をまずは気合いで乗り切りましょう。

1週間続いた頃には少しずつ身体が慣れてきます。慣れてきたら食事量を調整して、根性出して続けましょう。

コメント